便器の不具合からトイレ水漏れがおきる場合の対処について

便器の不具合に伴い、トイレ水漏れが起きる場合があります。床が濡れていたり配管の詰まりなどの原因となり、状態によっては水道 工事が必要です。特に、自分で対処するには相応の技術などを要しますが原因や予防を知ることでトラブル回避に繋がります。

■便器がトイレ水漏れを起こす原因

便器や床の隙間から、トイレ水漏れを引き起こす要因は複数あります。
床下の排水管の劣化により、水漏れが起きやすくなります。便器と繋がっている排水管トラブルの場合は、トイレ以外の場合があります。接続部分のずれを気づかないで使用すると、水漏れの原因となります。水道 工事専門業者に依頼して設置した場合は、確認が必要です。温水洗浄便座でも、サイズが違っていたり接続部分の緩みに伴い、症状が出やすくなります。
便器やタンクのひび割れや給水管の故障からも、水漏れの原因となります。特に陶器でできている便器では、外からの強い衝撃でないと割れにくいため、他の原因も想定されます。冬場に、気温が低下して結露が生じても濡れてしまいます。

■便器の水道 工事を防ぐための予防法

便器の床の隙間などで水漏れが起きたら、修理が必要です。水道 工事業者に依頼すると、相応の時間と費用を要します。トイレは毎日使用しますから、生活に支障をきたしかねません。
自分で修理する場合は、止水栓を止めて水が出ないようにします。そのうえで、タンクの中に水があれば空の状態にします。ゴムフロートの不具合の場合は、部品交換をしますがチェーンを外します。そのうえで、ホームセンターで部品購入をします。取り付けをして、止水栓を緩めて確認すると良いです。ボールタップを交換する際は、万能型若しくは同じ種類のものを購入すると良いです。ナットやパッキンの取り付けや外す作業もありますので、技術は必要です。
各種部品交換をする際に、自分で購入する場合は品番を確認すると間違いを防ぐことに繋がります。温水洗浄便座の場合は、電子機器であり自分で修理すると故障の原因となりかねません。水道 工事業者やメーカーに相談してください。結露の場合は、日頃から天気予報での確認や換気をすることで概ね予防できます。

■まとめ
便器のトイレ水漏れは、部品の劣化だけではありません。機器の不具合や気候による影響もあります。各種対策をとることも必要ですが、ケースによっては専門的な知識も必要です。自分では難しいと判断した際は、水道 工事業者に依頼すると良いでしょう。止水栓を止めると、各種作業がスムーズになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ