排水が原因でトイレ水漏れが起きる場合の対処について

排水管のトラブルが原因でトイレ 水漏れやつまりが発生してしまうことがあります。水道 修理を自分ですることも、症状によっては可能ですが、専門業者に依頼する場合もあります。対処における情報を確認することで、いざという時も心強いです。

■自分で排水管のトイレ水漏れを水道 修理する際のポイント

トイレに、ペーパーや異物が流れてしまうことで水漏れがおきる場合があります。ゴム手袋と、ラバーカップを用意すると解消しやすくなります。
詰まりが原因で水漏れが起きた際は、ラバーカップの使用をしますが、くぼみに押し付けるように固定します。上下に動かしつつ、ペーパーなどを吸い寄せます。それでも解消されない場合は、バケツの水を使用して流れを良くします。ぬるま湯を流すことでも、溶けやすくなり効果を高めます。
排水パイプでは、水道 修理にあたりタンクの直下など接続部分のナットの緩みを確認します。パッキンなど内部の部品が原因の場合は、止水栓を締めタンクの水を出した後、水道 修理をします。ホームセンターで取り扱っているテープを用いて、巻き付けつつナットを締める方法もあります。

■壁や床からトイレ水漏れが起きた際の水道 修理にあたり

トイレの給水若しくは排水管の水漏れに伴い、壁や床から症状が出ることがあります。水道メーターが回っていると給水、そうでなければ排水の不具合が生じています。
水道 修理にあたり、建築に関する知識が必要で状況次第では大がかりなレベルとなります。自分ですることは止水栓を止める程度にして、専門業者に依頼してください。賃貸物件の場合は、共有部分から水漏れが起きている場合があります。管理責任者に相談してから処置をすることが必要です。ケースによっては、保険に入っていると適応が受けられます。
トイレの壁や床のトラブルは、相応に被害が大きい状態です。詰まりや衛生面の対策を兼ねて、パイプクリーニングをする方法もあります。排水枡の洗浄をすることでも、トラブル回避に繋がります。可能な範囲メンテナンスをすることが、快適なトイレ使用を長期間もたらします。

■まとめ
トイレ水漏れの原因で、排水管のトラブルではペーパーの詰まりや異物が流れてしまっていることがあります。ラバーカップなどの工具で、軽度の症状では水道 修理が可能です。一方、壁や床などは建物や排水管レベルでトラブルが起きている可能性が高いです。日頃からの予防も大切ですが、水道 修理が必要な場合は専門業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ