タンクの不具合からトイレ水漏れが起きた際の対処について

トイレタンクの水漏れにより、床が濡れたりなどのトラブルとなります。特に、便器との隙間から起こりやすい症状です。概ね10年経てば、経年劣化に伴い水漏れなどの症状が出やすくなります。目視で確認できないこともあり、構造を知っておくことで対処をしやすくなります。

■トイレタンクの仕組み

トイレタンクと便器は、概ねボルトで固定されているタイプです。モンキーレンチなどの工具があれば、自分で取り外しも可能です。
タンク下の水漏れは、起こりやすいトラブルです。確認にあたり、レバーを回すと良いです。鎖が持ち上がりつなぎ目から水が隙間を伝い、水漏れを引き起こします。
便器とタンクの間に接続されているパーツは、密結パッキンです。隙間から水が出ることを防いでいる仕組みです。経年劣化や緩みが生じることで、水漏れを発生しやすくなります。タンクは重量も相応にありますから、負荷が掛かっています。そのため、パッキンへの負担も掛かります。その他として便器などトイレ部品にひびが入っている場合は交換となり、専門業者に依頼することになります。

■トイレパッキンを交換する際のポイント

トイレタンクと便器の接続部分のパッキンですが、工具と知識があれば自分で修理することもできます。
まず、止水栓をマイナスドライバーで止めて水を流れなくします。ウォーターポンプフライヤーを用いて、ボルトを取り外します。モンキーレンチがあれば、ナットなどの接続部分を緩めることが可能です。ただし、便器下は狭いので工具選びもポイントになります。残水が落ちることを防ぐために、バケツやタオルを用意すると良いでしょう。そのうえで、パッキンを交換してタンクを便器に固定して蓋を閉めます。水漏れの有無を通水テストを繰り返して確認して、問題なければ修理は完了です。
ただし、トイレタンクは重量があるため女性やシニアの方には担が掛かります。落としてしまっても交換になりかねません。メーカーによっては、接続の仕方が違っていたりディストリビューターのように固定されている場合があります。自分では対処が難しい場合は、専門業者に依頼してください。

■まとめ
トイレタンクの水漏れの原因は、パッキンの不具合をはじめいくつかあります。工具と知識があれば自分で修理も可能ですが、難しい場合はトラブルになりかねません。便器にひびが入っているなど部品交換が必要な場合は、メーカーや専門業者に依頼することになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ